フケ、かゆみはシャンプーを変えると改善するのか?

夏の間は大丈夫だけれど、冬になるとフケに悩まされる人は多いかもしれません。暖房による乾燥で肌がいつもより乾燥しやすくなり保湿力のあるクリームが必要なように頭皮も乾燥するからです。

 

乾燥によるフケでしたら、冬の間だけ洗浄力が穏やかなシャンプーに変えてみるといいかもしれません。頭皮マッサージもできるトリートメントや頭皮ケアのできるエッセンスを使用するのもいいでしょう。

 

洗髪の際は、お湯洗いでしっかり頭皮マッサージをすればシャンプーの量が少なくても泡立ちよく洗うことができます。シャンプーをつける前のお湯洗いで汚れの7〜8割が落ちるといいますから、この時にしっかりお湯洗いをすることでシャンプー剤をたくさん使わず刺激を最低限にすることが可能です。

 

フケと同様に乾燥からくるかゆみの場合もシャンプーを低刺激のものに変えてみるだけでかゆみがなくなる可能性があります。皮脂のとりすぎによる乾燥、乾燥によるかゆみと肌荒れ、そういった場合は低刺激のシャンプーを試してみるといいでしょう。

 

乾燥によるフケ・かゆみならお勧めは
 ハーブガーデンさくらの森シャンプー
 リマーユシャンプー

 

フケ症という病気は皮膚科へ

いろいろと試してみたけど、フケと痒みが収まらない、頭皮を見ると炎症が起きているみたい・・・などという方は皮膚科へ行って診断してもらうことをお勧めします。

頭の地肌は皮脂の分泌が盛んで毛髪が密集しているため、マセチア菌という常在菌が繁殖しやすい環境でもあります。マセチア菌が異常繁殖すると刺激性の脂肪酸が生成し、それがしげきとなってフケや痒みが発生します。また地肌の群れなどによってニオイやさらなるべたつきが起こることがあります。
引用:ひとまわり若く見られる40代からの美ヘアカタログ(別冊家庭画報)

 

シャンプーを変えたり、頭皮マッサージをして丁寧に洗ってみたり、規則正しい生活も必要でしょうが、明らかに治らないと感じたら皮膚科で相談してみると安心ですね。フケや痒みは何らかの皮膚疾患がある場合も考えられますので、適切なシャンプー、ドライなどで改善しない場合は皮膚科を受診しましょう。

 

【アミノ酸シャンプーおすすめランキング】

関連ページ

ダメージヘア
傷んでパサついた髪はキューティクルが毛羽立ちはがれた状態です!これ以上のダメージを受けないためには低刺激のアミノ酸シャンプーがおすすめ!そして、髪のダメージを補修する成分と保湿する成分がたっぷり配合されたトリートメントを使ってキレイなツヤのある髪に修復しましょう。
髪のパサつき
髪の悩みで多いのが乾燥によるパサつき。きちんとケアしないとさらに乾燥が進み、キューティクルが傷つきダメージが深刻化します。髪がパサつく原因を把握し洗浄力の強くないシャンプーを使うとパサつきは抑えられるかもしれません。
白髪
白髪がチラホラ目立って気になるけど、カラーは髪を傷めるから気を付けないといけません。白髪染めの持ちをよくする洗浄力のシャンプーを選び、髪の補修効果があるものを選びましょう。
薄毛、抜け毛
加齢により髪のボリュームがなくなり分け目の薄さが気になってきます。男性と女性の薄毛の原因は違いますが、原因にあった育毛対策が必要になってきます。刺激の強いシャンプーはさらに抜け毛を加速させるかもしれません。まずはシャンプーの見直しから!
髪のうねり、くせ毛
生まれつきの先天的くせ毛のほかに、パーマやカラーによるダメージが髪のうねりを起こす後天的な場合もあるのだそうです。髪のうねりやくせ毛をケアできるシャンプーがありますのでご紹介します。
ニオイ、べたつき
頭皮は顔より皮脂が多いのだそうです。べたつきを改善しようと洗浄力の強いシャンプーを使うと逆効果かもしれません。10代の皮脂過剰な時期でなければ、洗浄力と殺菌力が強いものはかえって皮脂の分泌を促してしまうからです。
パーマやカラーを長持ち
美容院でパーマ、カラー、白髪染めをする方は髪を傷めないために回数をなるべく減らすことが大切です。洗浄力が弱いアミノ酸系シャンプー&トリートメントを使うことをお勧めします。
髪のエイジングケア
髪も肌と同じようにエイジングケアが必要です。細くなった髪、ボリュームが足りない、白髪が多くなったなど年齢に応じたヘアケアで今より健康で美しい髪になりましょう。なにより頭皮ケアが大事です。