パーマやカラー、白髪染めなどが取れにくいシャンプーって?

パーマやカラーは髪が痛むのはご存知かと思います。できるだけパーマやカラー、デジタルパーマ、ストレートパーマ(縮毛矯正)を受ける回数を減らすようにするしかありません。

 

回数が減れば当然髪が痛む可能性も減ります。
美容院でかかりづらいと言われたことはありませんか?人によってパーマがかかりずらい、カラーが入りずらいのはなぜでしょう?

 

パーマもカラーも髪に定着するまでに時間がかかるそうですよ。ですから、髪に定着するまではそれに応じたヘアケアをすることが大事なんです。

 

パーマの場合はパーマをかけてから二日間の洗髪で持ちの良さが変わってくるんだそうです。特にカールをかけた髪は引っ張らずに洗うこと。ブラッシングやドライヤーのかけ方でも影響を受けるそうなので優しく洗うことが大切です。
特にパーマやカラー、白髪染めを長持ちさせたいなら、シャンプーは洗浄力が弱いアミノ酸系を使いましょう。

 

カラーは色が定着するまで1週間かかるそうなのでこの間のシャンプーは注意しましょう。洗髪法は前述したのを参考に。髪に直接シャンプー剤を付けることなどないように、泡で地肌をあらい、すすぎはいつものより時間をかけてしっかりシャンプー剤を流すようにしましょう・

 

また、本によると赤みのある暖色系のカラーはトリートメント剤に弱く、赤みが少ない寒色系のカラーはシャンプー剤で落ちやすいと言われているそうです。

 

 

それから、パーマやカラーがかかりやすいかかりにくいというのは、髪にオイルやトリートメント剤が残っているためと思われます。施術の前は1週間ほど本来ならそういったものを付けずシャンプーのみにしていたほうがパーマカラーがかかりやすいと言われています。
かけてから長持ちさせるには、いかに取らないか、定着させるかですから、アミノ酸系の低刺激、洗浄力が弱めのシャンプーで丁寧に洗うとよいと思います。

 

【アミノ酸シャンプーおすすめランキング】

関連ページ

ダメージヘア
傷んでパサついた髪はキューティクルが毛羽立ちはがれた状態です!これ以上のダメージを受けないためには低刺激のアミノ酸シャンプーがおすすめ!そして、髪のダメージを補修する成分と保湿する成分がたっぷり配合されたトリートメントを使ってキレイなツヤのある髪に修復しましょう。
髪のパサつき
髪の悩みで多いのが乾燥によるパサつき。きちんとケアしないとさらに乾燥が進み、キューティクルが傷つきダメージが深刻化します。髪がパサつく原因を把握し洗浄力の強くないシャンプーを使うとパサつきは抑えられるかもしれません。
白髪
白髪がチラホラ目立って気になるけど、カラーは髪を傷めるから気を付けないといけません。白髪染めの持ちをよくする洗浄力のシャンプーを選び、髪の補修効果があるものを選びましょう。
薄毛、抜け毛
加齢により髪のボリュームがなくなり分け目の薄さが気になってきます。男性と女性の薄毛の原因は違いますが、原因にあった育毛対策が必要になってきます。刺激の強いシャンプーはさらに抜け毛を加速させるかもしれません。まずはシャンプーの見直しから!
髪のうねり、くせ毛
生まれつきの先天的くせ毛のほかに、パーマやカラーによるダメージが髪のうねりを起こす後天的な場合もあるのだそうです。髪のうねりやくせ毛をケアできるシャンプーがありますのでご紹介します。
ニオイ、べたつき
頭皮は顔より皮脂が多いのだそうです。べたつきを改善しようと洗浄力の強いシャンプーを使うと逆効果かもしれません。10代の皮脂過剰な時期でなければ、洗浄力と殺菌力が強いものはかえって皮脂の分泌を促してしまうからです。
フケ、かゆみ
フケ、かゆみは乾燥する時期に多い悩みです。フケ痒み専用のシャンプーも売られていますが、乾燥によるフケ、かゆみであれば低刺激なやさしいアミノ酸シャンプーが効果的ですが、フケ症の場合は皮膚科受診をおすすめします。
髪のエイジングケア
髪も肌と同じようにエイジングケアが必要です。細くなった髪、ボリュームが足りない、白髪が多くなったなど年齢に応じたヘアケアで今より健康で美しい髪になりましょう。なにより頭皮ケアが大事です。