髪は濡れているときは無防備で傷みやすいって知ってました?

髪のキューティクルってご存知かと思います。

 

キューティクルは髪のバリア機能を果たすところで外部からの刺激から髪を守っています。キューティクルが揃っていると髪はツヤがあり見た目キレイで手触りもいいのです。

 

このキューティクルは温度と湿度が高いと開く性質があるので、ちょうど洗髪後がキューティクルは開いている状態です。

 

キューティクルは開いていると損傷を受けやすいものですから、洗髪後は早々に髪を乾かしてあげることが必要になってくるわけです。

 

髪を傷めないドライヤーの使い方

ドライヤーは髪を乾かすのではなくて頭皮を乾かすつもりで使うと髪を傷めることはないでしょう。髪をかき分けて頭皮を出して頭から20センチくらいドライヤーを離して風を当てていきます。頭全体を乾かすつもりで髪をかき分ける箇所をずらしていきます。ロングヘアの方はやりがちですが、ドライヤーを当てながら髪を振らないこと。振るのはドライヤーです。くれぐれも髪に摩擦を与えないようにしましょう。

 

キューティクルは上から下にむかっているので、ドライヤーや手櫛をするときは上から下へしましょう。最後にドライヤーの冷風を全体に当ててキューティクルを閉じて終了です。最後に軽くブラシをかけることでキューティクルを整えます。

 

 

髪が痛む原因はパーマやカラーによるものと思ってしまいますが、実はブラッシングやシャンプーの時、髪を乾かすときなどは摩擦が起きやすく髪を傷める原因となっています。

 

キューティクルの傷みや毛羽立ちがさらにひどくなるとキューティクルがとけてしまい、髪内部の成分が流出して切れ毛や枝毛となってしまいます。髪は爪と同じで一度傷ついたものは自分で再生しません。割れたネイルは自分からくっついたりしないのと同じで髪は自己再生しません。

 

ですから、髪を傷めないようにすることを心掛けたいですね。

 

洗い流さないトリートメントの記事を参考にどうぞ。
アウトバストリートメント人気おすすめランキング♪

 

関連ページ

自分の髪に合うシャンプーを見つけるには洗浄剤と補修成分に注目しましょう。
家族でシャンプーを共有していませんか?自分の髪と頭皮に合ったシャンプーを使うことで今ある髪の悩みが解決するかもしれません。
正しいヘアケア〜シャンプー、トリートメント、ブラッシングの仕方
意外と知らない正しいヘアケアについてまとめています。高価なシャンプーやトリートメントの魅力を最大限に引き出すためには使い方を知ることも重要です。
界面活性剤の種類と性質
シャンプーに使われる界面活性剤、実際に髪と地肌によいのはどれでしょう?わかりやすく分類してみました。