ミノン薬用ヘアシャンプーの口コミと解説

 

第一三共ミノンヘアケアシリーズ

 

ミノンは頭皮のうるおいを守りながら洗い、フケやかゆみなどを防ぐシャンプーです。赤ちゃんからお年寄りまで使えます。特に乾燥肌、敏感肌の方、頭皮にダメージがある方、フケかゆみでお困りの方にお勧めできるミノンのヘアケアシリーズです。

 

「ミノン」の意味をご存知ですか?
ミノンの名前の由来は3つのノン(No)

  • アレルギー物質
  • 刺激の強さ
  • アルカリ性

アレルギーの原因物質を極力カットしたシンプル処方で、低刺激、そして弱酸性(お肌と同じPH4.5〜6.5の弱酸性)
安心して使えるのが特徴と言えますね。ミノン薬用ヘアケアシリーズは、頭皮に余分な負担をかけすぎず、バリア機能を守りながら洗うことで、頭皮をすこやかに保ちます。

 

アミノ酸シャンプーおすすめランキング

 

ミノンヘアシャンプーはこんな人におすすめ

頭皮にやさしいシャンプーをお探しの方、フケかゆみでお悩みの方、パーマやカラーなどによる頭皮ダメージが気になる方、真菌(カビ)によるかゆみ・フケなど頭皮トラブルを抱えている方。

 

シャンプーは一般的には脱脂力が強い洗浄成分を使っているものが多いです。皮脂のとりすぎは肌のバリア機能を壊します。乾燥しているといつまでもフケが止まらなかったり頭皮が痒くてしかたなかったりします。なかなか良くならない頭皮トラブルは毎日のケアが逆効果になっているのかもしれません。

シャンプーの特徴

植物性アミノ酸系洗浄成分を使っており、サルフェートフリー処方(硫酸系界面活性剤不使用)なので低刺激で敏感肌の方や小さなお子様でも安心して使えます。

 

非常に高い抗炎症作用と抗アレルギー作用をもつ「グリチルリチン酸2K」を使用しているので、ふけ・かゆみ、頭皮のにおいを防ぎます。

 

ミノンに配合している植物性アミノ酸系洗浄成分は肌の保湿成分を適度に残しながらも、汚れは落とす選択洗浄性が特長です。うるおいを奪いすぎない洗浄がバリア機能を守ることにつながり、洗いあがりの肌がしっとりします。

コンディショナーの特徴

アミノ酸系コンディショニング成分を配合。サルフェートフリー処方(硫酸系界面活性剤不使用)なので低刺激です。
アレルギーの原因物質を極力カットしているので敏感肌の方でも安心です。。弱酸性。微香性。

 

 

アミノ酸シャンプーおすすめランキング

 

 

ミノン薬用ヘアシャンプー全成分
[有効成分]
グリチルリチン酸2K
[その他の成分]
ヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液、ラウロイルメチル-β-アラニンNa液、ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、ヤシ油脂肪酸ジエタノールアミド、BG、POEセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル、ラウリン酸ポリグリセリル、塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース、安息香酸Na、パラベン、香料、ヒドロキシエタンジホスホン酸液

 

ミノン薬用コンディショナー全成分
[有効成分]
グリチルリチン酸2K
[その他の成分]
セテアリルアルコール、BG、濃グリセリン、イソステアリン酸水添ヒマシ油、ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド、L-グルタミン酸、ホホバ油、高重合ジメチコン-1、ジメチコン、DL-PCA・Na液、香料、POE硬化ヒマシ油、アミノエチルアミノプロピルメチルシロキサン・ジメチルシロキサン共重合体、アルギニン、パラベン、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)、PCA、乳酸Na液、ヒドロキシエタンジホスホン酸液、フェノキシエタノール、アスパラギン酸、塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液、水酸化Na、グリシン、アラニン、セリン、L-バリン、L-イソロイシン、スレオニン、プロリン、ヒスチジン、L-フェニルアラニン

 

 

 

関連ページ

ボタニストシャンプー
人気のボタニストシャンプーについて調べてみました。成分、効果、口コミから人気の秘密を探ります。