髪と頭皮の悩みの回答をまとめています。

髪の悩みを持つ女性は意外に多いものです。

 

2016年に花王が行った髪の悩みアンケートによりますと、

 

20代、30代の髪の悩み
1位は「パサつき」
2位は「髪のくせ」
3位は「枝毛・切れ毛」

 

40代、50代の髪の悩み
1位は「白髪」
2位は「パサつき」
3位は「髪のくせ」

 

60代以上の髪の悩み
1位は「白髪」
2位は「ハリ・コシ」
3位は「パサつき」

 

年代にかかわらず女性の髪の悩みに多いのが、「髪のパサつき」とわかります。

 

 

お肌の乾燥が気になる場合は、皮脂を取り過ぎない洗顔料に変えたり、保湿効果の高いスキンケア化粧品を使ったりしますね?

 

髪の場合も同じです。シャンプーの後に頭皮の乾燥を防ぐために保湿剤をつける方は少ないでしょう。ですから、特にシャンプーは洗浄力が強すぎない方がいいという事です。頭皮が乾燥していると髪も元気に育ちません。

 

女性は閉経にむけて女性ホルモンの分泌が減少していきます。これまでは肌や髪に十分な潤いがあったのに、40代半ば頃から、その恩恵を受けることができなくなります。必然的に肌や髪が乾燥することになりますので、これまでのスキンケアやヘアケアの見直しが必要になってくるのです。

 

 

毎日、使っているシャンプーは自分にあっているでしょうか?夫や息子と同じさっぱり系のシャンプーを使っているなら髪の悩みは改善されないでしょう。

 

年代と髪の悩みにあったシャンプーを選ぶことで今よりもっと健康できれいな髪にすることは可能です。

 

 

このサイトでは、低刺激で洗浄力が穏やかなアミノ酸シャンプーをメインに取り上げています。シャンプー選びの参考にしていただければ嬉しいです。

女性に多い髪と頭皮の悩みをアミノ酸シャンプーで解決記事一覧

パーマやカラー、紫外線などで傷んだ髪は、ほぼ元に戻ることはありません。髪は爪と同じで死んだ細胞といわれているように、一度傷んでしまうと自分の力で再生することはありませんので、なるべく髪を傷めないようにすることが大事です。髪の外側にはキューティクルがあり、うろこ状に重なりながら髪を包み込んでいます。このキューティクルがキレイに並んでいると髪にハリやつやが生まれるのですが、外的要因によりキューティクル...

髪がパサついてまとまらないとアレコレ髪につけてしまいがちですが、その髪のパサつきは乾燥ではなくてキューティクルの損傷によるものかも?!また、洗浄力の強いシャンプーのせいで頭皮が乾燥しているのかもしれません。ここを勘違いして油分の多いスタイリング剤やトリートメントを使うことで、頭皮のべたつきが発生してしまうことがあります。髪がパサパサとパサついている原因を特定することが第一ですね。髪のパサつきにおす...

白髪をなくしたり、減らしたりすることは全く不可能というわけではないようですが、生活習慣から食事内容まで見直し、髪に栄養を送る努力が必要です。「松倉クリニック」の育毛外来 医師の田路めぐみさんによれば、努力次第で白髪を黒髪にする可能性は十分にありそうです。白髪ではなく黒髪が生えてくる例はいくつもあるようなので、取り入れたいですね。白髪をなくすために日常的にできること頭皮マッサージで頭皮の血行を良くす...

抜け毛が増え、髪の毛が薄くなり、ハゲるんじゃないかと心配なのは男性だけではありません!意外と多くの女性が抜け毛・薄毛の悩みを抱えています。40代から50代の更年期には、女性ホルモンの低下により、抜け毛だけでなく、髪の毛が細くなり切れ毛も増えます。しかも、髪のハリ・コシがなくなり、白髪は増え・・・。ちょっと悲観的になってしまいますが、食生活と生活習慣の改善は気をつけるようにしましょう。女性の抜け毛の...

歳をとると肌だけでなく髪も変わっていきます。髪が細くなり、ハリやコシがなくなり白髪が増えてきます。なかには抜け毛や薄毛が心配な女性もいるでしょう。ここでは、年齢髪が気になる女性におすすめのエイジングケアシャンプーをご紹介しています。さきにシャンプーをみるならこちら髪のエイジングケアにおすすめのアミノ酸シャンプーベスト3高価なトリートメントやスタイリング剤を買うなら、まずはシャンプーを変えましょう今...

髪のうねり、くせ毛は、先天的なものと後天的なものがあり、生まれつき髪の毛根にゆがみがあると伸びてくる髪にもくせが出てしまうそうです。若い頃はサラサラの直毛だったのに、年をとったら、髪にくせが出るようになったという人もいますし、産後に髪質が変わったと感じる人も・・・。パーマやカラー、紫外線によって髪が傷むことで、髪の水分バランスが崩れくせが出やすくなる場合もあります。加齢による髪のうねりには、頭皮マ...

頭がくさい、頭皮や髪がべたつく悩みは新陳代謝が活発な若い人に多いものです。皮脂分泌が盛んなことが原因のひとつでしょう。ニオイやべたつきが気になるからといって洗いすぎは逆効果の場合がありますから注意しましょう。お顔もそうですが、洗いすぎて皮脂をとりすぎてしまうと、肌が乾燥を防ぐため皮脂をより分泌するようになるため正常な状態ではなくなる場合があるのです。中高年になりますと、加齢臭が頭のくさい原因の一つ...

夏の間は大丈夫だけれど、冬になるとフケに悩まされる人は多いかもしれませんね。暖房による乾燥で肌がいつもより乾燥しやすくなるように、髪や頭皮も同じように乾燥するからです。乾燥する時期のフケでしたら、その時期だけ洗浄力が穏やかなシャンプーに変えてみたり、しっとり感が強いトリートメントを併用するなどしましょう。洗髪の際は、シャンプーをつける前のお湯洗いで汚れの7〜8割が落ちるといいますから、この時にしっ...

パーマやカラーは髪が痛むのはご存知かと思います。できるだけパーマやカラー、デジタルパーマ、ストレートパーマ(縮毛矯正)を受ける回数を減らすようにするしかありません。回数が減れば当然髪が痛む可能性も減ります。美容院でかかりづらいと言われたことはありませんか?人によってパーマがかかりずらい、カラーが入りずらいのはなぜでしょう?パーマもカラーも髪に定着するまでに時間がかかるそうですよ。ですから、髪に定着...