フケ、かゆみはシャンプーを変えると改善するのか?

夏の間は大丈夫だけれど、冬になるとフケに悩まされる人は多いかもしれませんね。暖房による乾燥で肌がいつもより乾燥しやすくなるように、髪や頭皮も同じように乾燥するからです。

 

 

乾燥する時期のフケでしたら、その時期だけ洗浄力が穏やかなシャンプーに変えてみたり、しっとり感が強いトリートメントを併用するなどしましょう。

 

洗髪の際は、シャンプーをつける前のお湯洗いで汚れの7〜8割が落ちるといいますから、この時にしっかりお湯洗いをすることで頭皮の汚れやフケが流れ落としましょう。

 

フケやかゆみが気になる時には、シャンプーをたくさんつけて洗いたくなりますが、あくまでも頭皮を洗うこと、髪の毛の根元と毛穴を意識して洗うだけで、いつもより丁寧なシャンプーができることでしょう。

 

シャンプーの時に、指の腹で頭を包み込むように軽く頭皮をマッサージするとさらに良いと思います。ちょうど、バスケットボールを持つ手の形です。

 

 

 

乾燥からくるかゆみの場合は、医学部外品の薬用シャンプーを使ってみると良いかもしれませんが、意外にもシャンプーの仕方、洗髪の仕方を変えるだけで頭のかゆみが減ることもあるので試してみてください。

 

  • シャンプーをつける前のお湯洗いを丁寧に
  • シャンプーを適量手に取り両手に伸ばして頭皮につける
  • 頭皮の毛穴回りを洗うイメージで丁寧にシャンプーする
  • すすぎは十分すぎるほどにしましょう。
  • タオルドライ、ドライヤーは頭皮を乾かします。

 

 

フケ症という病気は皮膚科へ

いろいろと試してみたけど、フケと痒みが収まらない、頭皮を見ると炎症が起きているみたい・・・などという方は皮膚科へ行って診断してもらうことをお勧めします。

頭の地肌は皮脂の分泌が盛んで毛髪が密集しているため、マセチア菌という常在菌が繁殖しやすい環境でもあります。マセチア菌が異常繁殖すると刺激性の脂肪酸が生成し、それがしげきとなってフケや痒みが発生します。また地肌の群れなどによってニオイやさらなるべたつきが起こることがあります。

引用:ひとまわり若く見られる40代からの美ヘアカタログ(別冊家庭画報)

 

シャンプーを変えたり、頭皮マッサージをして丁寧に洗ってみたり、規則正しい生活も必要でしょうが、明らかに治らないと感じたら皮膚科で相談してみると安心ですね。フケや痒みは何らかの皮膚疾患がある場合も考えられますので、適切なシャンプー、ドライなどで改善しない場合は皮膚科を受診しましょう。

 

【アミノ酸シャンプーおすすめランキング】