髪がパサパサして広がりまとまらない原因は髪の乾燥?

髪がパサついてまとまらないとアレコレ髪につけてしまいがちですが、その髪のパサつきは乾燥ではなくてキューティクルの損傷によるものかも?!

 

また、洗浄力の強いシャンプーのせいで頭皮が乾燥しているのかもしれません。

 

ここを勘違いして油分の多いスタイリング剤やトリートメントを使うことで、頭皮のべたつきが発生してしまうことがあります。

 

髪がパサパサとパサついている原因を特定することが第一ですね。

 

髪のパサつきにおすすめのシャンプーはこちらを参考にしてください。
ダメージヘア補修には低刺激なアミノ酸シャンプーがおすすめ!

 

 

市販のシャンプーで使われている洗浄剤、ラウリル硫酸Na、ラウレス硫酸Naは洗浄力が強めです。髪のパサつきが気になるならアミノ酸シャンプーのような皮脂を取り過ぎないシャンプーを選ぶといいと思います。

 

髪がパサついているのをほっておくとダメージヘアになってしまう可能性もあります。トリートメントで補修してあげること、そして低刺激で洗浄力が穏やかないシャンプーを使うことが大事だと思います。

 

キューティクルを傷めないヘアケア

髪のパサつきはキューティクルが傷つき、髪1本1本が不揃いになっている場合が多いそうです。

 

髪が乾燥してパサパサになっていると思いがちですが、水分量が少ないから髪がパサつくわけでは必ずしもないのです。

 

キューティクルの損傷がひどくなると髪の内部の成分が流出してしまいダメージヘアへと移行しますので注意が必要です。

 

髪は爪と同じように一度傷ついたものは自己再生しません。外部からの補修とケアのみが有効です。パサついた髪をダメージヘアにしないためにもお手入れの見直しが必要かもしれませんね。

 

とても大事な頭皮ケア

美しい髪の毛を育てるには頭皮を健康に保つことが最も大事です。トラブルのある頭皮では健康な髪が育ちません。ですから、刺激や殺菌効果の高いシャンプーは逆効果になるのです。

 

顔に刺激の強いものを使わないように頭皮も同じ、皮脂をとりすぎるような洗浄力が強いシャンプーでは地肌が乾燥してしまいますし、最も紫外線を浴びる頭ですから、ケアも必要です。

 

まず、日常使うシャンプーを皮脂をとりすぎないものに変えることが健康で美しい髪への近道でしょう。髪と同じアミノ酸成分で作られているアミノ酸シャンプーがおすすめです。

 

 

髪への摩擦を避ける

  • シャンプーやタオルドライは摩擦に注意。
  • ドライヤーの高熱に長時間髪をさらさない。
  • 自然乾燥せず早々に髪を乾かす。

 

キューティクルは湿度と温度が高いと開きます。実際は開くというよりふやけて隙間があいている無防備な状態なので、キューティクルが傷つかないように早く乾かすことが大事だそうです。

 

洗髪後に開いているキューティクルを早々に閉じてあげることが髪を傷めない秘訣です。

 

正しいドライヤーの使い方

  • タオルに髪をはさんで水分をたたくように吸いとる。
  • 髪をかき分けて頭皮を乾かすようにする。
  • 8割がた乾いたらドライヤーは終わり。
  • 冷風をあててキューティクルを閉じて終了。

 

※キューティクルは下に向かっているので、髪を乾かすときには上から下に風を送ります。

 

髪をバサバサと揺らしながらドライヤーの熱風を当てるのも厳禁!あくまでも頭皮を乾かすように注意しましょう。

 

 

トップページはこちら
アミノ酸シャンプーおすすめランキング