パーマやカラー、白髪染めなどが取れにくいシャンプーって?

パーマやカラーは髪が痛むのはご存知かと思います。できるだけパーマやカラー、デジタルパーマ、ストレートパーマ(縮毛矯正)を受ける回数を減らすようにするしかありません。

 

回数が減れば当然髪が痛む可能性も減ります。
美容院でかかりづらいと言われたことはありませんか?人によってパーマがかかりずらい、カラーが入りずらいのはなぜでしょう?

 

パーマもカラーも髪に定着するまでに時間がかかるそうですよ。ですから、髪に定着するまではそれに応じたヘアケアをすることが大事なんです。

 

パーマの場合はパーマをかけてから二日間の洗髪で持ちの良さが変わってくるんだそうです。特にカールをかけた髪は引っ張らずに洗うこと。ブラッシングやドライヤーのかけ方でも影響を受けるそうなので優しく洗うことが大切です。
特にパーマやカラー、白髪染めを長持ちさせたいなら、シャンプーは洗浄力が弱いアミノ酸系を使いましょう。

 

カラーは色が定着するまで1週間かかるそうなのでこの間のシャンプーは注意しましょう。洗髪法は前述したのを参考に。髪に直接シャンプー剤を付けることなどないように、泡で地肌をあらい、すすぎはいつものより時間をかけてしっかりシャンプー剤を流すようにしましょう・

 

また、本によると赤みのある暖色系のカラーはトリートメント剤に弱く、赤みが少ない寒色系のカラーはシャンプー剤で落ちやすいと言われているそうです。

 

 

それから、パーマやカラーがかかりやすいかかりにくいというのは、髪にオイルやトリートメント剤が残っているためと思われます。施術の前は1週間ほど本来ならそういったものを付けずシャンプーのみにしていたほうがパーマカラーがかかりやすいと言われています。
かけてから長持ちさせるには、いかに取らないか、定着させるかですから、アミノ酸系の低刺激、洗浄力が弱めのシャンプーで丁寧に洗うとよいと思います。

 

【アミノ酸シャンプーおすすめランキング】