お顔と同じように髪と頭皮をいたわりましょう

お顔には高価な化粧品を使っているのに、シャンプーはドラッグストアで売っている一般的な市販品を使っていませんか?

 

特に頭は紫外線にもさらされますし、もっとケアしてあげるべきところです。

 

最近はノンシリコンシャンプーは当たり前、洗浄剤に目を向けて、低刺激のアミノ酸系シャンプーが人気です。

 

 

ひとくちに”アミノ酸”シャンプーといっても、”アミノ酸配合”となっているシャンプーは注意が必要です。”アミノ酸配合”シャンプーは、石油由来の界面活性剤や石けんを主成分とし、それにアミノ酸系洗浄剤を加えたものなので、純粋なアミノ酸シャンプーとは言えません。

 

表示成分の上位部分に”ラウリル硫酸〜”、”ラウレス硫酸〜”、”スルホン酸〜”と書かれているものは、高級アルコール系にアミノ酸を少量配合した”アミノ酸配合”シャンプーです。

 

純粋なアミノ酸シャンプーは、表示成分に”ココイルグルタミン酸〜”、”ココイルアラニン〜”と書かれているので、選ぶ時の参考にしてくださいね!

シャンプーQ&A記事一覧

マツコ会議でダメージヘアのADが、キレイな美髪ヘアに生まれ変わったのをみて、私もあの「水素パック」を試したいと思った方は多いのでは?テレビ放送後なので注文多数につき予約販売となっています9/22マツコ会議 高級美髪サロンマツコ会議の放送内容はこちらこれを見ると、この水素トリートメント欲しい〜と思わずにいられませんよね。都内のヘアサロンに行くのは難しくても、自宅で水素トリートメントができるなら通販で...

自分にあうシャンプー診断をやってみましたが、特に得ることはありませんでした笑シャンプーは年代と肌質で選ぶことが第一だと思います。10代の乾燥肌と、50代の乾燥肌ではかなり違うと思いますし、髪が痛んでいる10代と50代では傷み方と傷み具合も違うと思うからです。年代、肌質そして、現在の髪の状態ですね。これは自分でみてもわかると思いますが、すでに傷んだ髪は生き返ることがありませんので、シャンプーで髪を再...

髪のキューティクルってご存知かと思います。キューティクルは髪のバリア機能を果たすところで外部からの刺激から髪を守っています。キューティクルが揃っていると髪はツヤがあり見た目キレイで手触りもいいのです。このキューティクルは温度と湿度が高いと開く性質があるので、ちょうど洗髪後がキューティクルは開いている状態です。キューティクルは開いていると損傷を受けやすいものですから、洗髪後は早々に髪を乾かしてあげる...

頭皮と髪のケアはあまり手をかけない方が多いのではないでしょうか?パーマやカラーのし過ぎで髪がひどく痛んだり、加齢とともに髪の悩みが増えたりしてはじめて気が付く方も多いのでは?ここでは「髪が10年若返る頭皮ケアで始める美髪バイブル」を参考にまとめてみました。シャンプー前のブラッシングシャンプー前にブラッシングすることは絡んだ髪をほぐすこと、ほこりなどを落とすこと、頭皮の汚れを浮かせる役割があります。...

一般的に合成界面活性剤は嫌われる傾向にありますが、実際には洗浄成分として界面活性剤はなくてはならないものです。シャンプーの場合、低刺激の洗浄剤をさがしても配合量まではわかりません。ひとつの界面活性剤ではなく、それぞれの性質をいかすように調整されています。通常は配合成分のうち量が多いものから記載されることになっているので、それを目安に自分にあった洗浄剤を選ぶことになります。界面活性剤には、イオン性界...